Year: 2023

テレワークの普及により、人々は出社の必要性が減少し、住宅価格の低い地方への移住がトレンドになっています。インターネットの進展で田舎でも仕事が可能となり、自然環境やゆったりした生活を楽しめるようになりました。オンラインサービスや自治体の支援策も新しいコミュニティへの溶け込みや自由な生活スタイルを提供しています。 この記事では、不動産を購入するメリットとデメリットを説明しましょう。 田舎で不動産を購入するメリット 自然に囲まれた田舎暮らしに憧れを持つ方が少なくありません。ここでは、地方で暮らすメリットをご紹介します。 低価格で購入できる土地や物件もある 住宅金融支援機構の2021年の調査によると、全国平均で土地付き注文住宅の必要資金は約4,455万円ですが、首都圏では平均5,133万円と高騰しています。これは都市部の土地価格が高いためです。一方、首都圏外では平均3,980万円で、都市部に比べて安価な状況になっています。土地や家が安く、自然に囲まれた生活が現実的になるため、多くの人にとって魅力的な選択肢となるはずです。 自然豊かな環境を満喫できる 自然は、都会に住む人達の心身を癒します。地方なら、都会で家を建てるのと同じ予算で、広い家や庭を持つことができます。自然の中で自由に遊んだりできます。また、都会では小さなスペースでしかできなかった、家庭菜園も、田舎なら広いスペースで楽しむことも可能です。 このような田舎暮らしの魅力を実感するためには、具体的な地域の情報を知ることが重要です。例えば、淡路島の不動産会社ビブレホームでは、自然豊かな環境の中での生活を実現するための様々な物件情報を提供しています。季節ごとに変わる自然の表情を楽しむことができる淡路島は、田舎暮らしを考える際の一つの選択肢として魅力的です。 人との関わりを大事にできる 地域コミュニティでは、顔と名前が見える近所付き合いが大切で、人々は互いに支え合っています。子供達には安全な遊び場があり、地域の人々が温かく見守るため、子育てしやすい環境です。価値観は都会と異なり、外見より機能性、効率より人間関係を重視しています。田舎暮らしは、田舎暮らしは、都会では得られない人との深いつながりや心の豊かさ、心地よい生活をもたらしてくれるでしょう。 田舎で不動産を購入するデメリット 地方で暮らすことはメリットばかりではありません。ここでは、実際に不動産を購入する前に考慮しておくべきデメリットについて解説します。 アクセスが悪く、お店が少ない アクセスや店舗数に大きな違いがあります。公共交通の利便性が低く、多くの住民がマイカーに頼る生活を送ることが一般的です。商業施設や娯楽施設が少ないため、移動距離が長くなり、日常の買い物や外出には遠出が必要になります。このため、ガソリン代など交通費がかさむことがデメリットのひとつです。 医療機関や学校の数が少ない 地方では医療機関が限られ、病院へのアクセスが不便なことが多いです。子どもが少ない地域では産科や小児科の医師も不足しています。教育面では、高校や大学の選択肢が少なく、特に私立学校は都市部に集中しているのが現状です。地方から都市部の学校に通うのは困難で、学生は寮や一人暮らしを選択する必要があり、これには追加の生活費がかかることを考えなければいけません。 処分したい時に売りづらい 地方の物件は売却が難しいです。中古住宅市場も都市部ほど活発ではないため、買い手を見つけるのが困難となっています。交通が不便で利便性が低い地域では、賃貸需要も多くありません。空き家になると管理費や固定資産税が継続してかかり、トラブルの原因にもなり得ます。 まとめ 田舎の自然豊かな環境は、私たちの心身を癒し、地域との深いつながりをもたらします。しかし、医療や商業施設が少ない点や、アクセスの不便さなど注意すべき点もあるため、注意が必要です。移住支援や、移住体験プログラムを実施している地域もあるので、地方での生活が自分に合っているかを確認したい場合は活用するのも良いでしょう。

Continue Reading

広島県西部にある廿日市市は、自然豊かな地域として知られ、近年移住者に人気を集めています。特に、宮島があることで知られるこの街は、多くの観光客を魅了し続けています。 廿日市市は、世界遺産である宮島を抱える街です。海の上に浮かぶ厳島神社はその象徴であり、多くの人々がこの神秘的な景色を求めて訪れます。満潮時には海に浮かぶ社殿を見ることができるのは、ここでしか味わえない特別な体験です。さらに、トレッキングコースも整備されており、自然を満喫することができます。宮島の野生の鹿は、島の魅力の一つです。このように、廿日市市に住めば、日々の生活の中で自然と触れ合う機会が豊富にあります。 海のアクティビティも山のアクティビティも楽しむことができるのが廿日市市の大きな魅力です。宮島や大野浦エリアでは、SUPやウィンドサーフィンのようなマリンスポーツを楽しむことができます。極楽寺山や「もみのき森林公園」ではキャンプが可能ですし、北部にある「女鹿平温泉めがひらスキー場」ではウィンタースポーツも楽しめます。自然が好きな人やアウトドアが趣味の人にとって、廿日市市は理想的な場所です。 また、廿日市市は穏やかな環境で子育てするには理想的な場所です。市内には多くの公園があり、子供たちが遊ぶ場所には困りません。特に、「HIROHAI 佐伯総合スポーツ公園」や「やまだ屋もみじファミリーパーク」には大型の遊具があり、子どもたちは夢中になることでしょう。廿日市市では子どもの医療費が無償となるなど、子ども向けの支援制度も充実しています。 しかし、廿日市市に移住する際にはいくつかのデメリットも考慮する必要があります。たとえば、大型ショッピングモールが少なく、駅から離れているため、買い物には不便を感じることがあるかもしれません。「ゆめタウン廿日市」は市内唯一の大型ショッピングモールですが、駅から徒歩15分程度かかります。また、電車の本数が都市部と比較して少ないため、通勤時間帯以外は利用に不便を感じることもあります。特に、山間部に移住したい人は、鉄道がなく路線バスの本数も限られているため、車を持っていると便利です。 さらに、厳島は大人気の観光名所であるため、観光シーズンやイベント時には交通渋滞が発生しやすいです。特に宮島口周辺は混雑するので、市内から車で移動する際は時間に余裕を持って出かけることが大切です。 結論として、廿日市市は自然と文化が融合する魅力的な街です。子育てに適した環境と豊かな自然を求める人にとっては理想の地と言えるでしょう。しかし、移住を考える際には、生活の利便性や交通の便などもしっかり考慮することが重要です。廿日市市は多くの魅力を持ちつつ、その一方でいくつかのデメリットも抱えているため、その点を理解し、自分にとって最適な場所を選ぶことが大切です。

Continue Reading

美しい景色に囲まれた暮らしは、日々の疲れを癒し、心に穏やかな感覚をもたらします。北海道の広大な自然から沖縄県の青い海まで、日本は絶景の宝庫です。しかし、美しい景色だけではなく、生活環境や気候なども考慮する必要があります。 沖縄県の青い海や神奈川県の湘南エリア、静岡県伊豆半島など、日本の海岸線は唯一無二の美しさを誇ります。キラキラと煌めく海岸線は、疲れた心と体を癒すリラックス効果が抜群です。海辺で過ごす時間は心地よく、海を眺めることは幸福感をもたらします。海水浴、サーフィン、ダイビングなど海のレジャーやスポーツを通じた生活も楽しめます。 日本は国土の7割を山が占め、雄大な山々では四季折々の変化が楽しめます。新緑、紅葉、雪景色など、日本ならではの自然の美しさを堪能できます。空気が美味しく、ハイキングやキャンプ、スキーなどアウトドアライフが楽しめます。温泉地も豊富で、癒しを求める人にも最適です。 歴史的建造物が残るエリアでは、日本の伝統的な美しさに触れられます。京都の寺院や奈良の東大寺大仏殿など、荘厳な建造物は心を強く揺さぶります。歴史的建造物が近くにある生活は、先人の思いを受け継ぎ、豊かな感性を育んでくれます。 しかし、景色が良い場所にはデメリットも存在します。災害の発生リスクが高く、海岸線や山間部では台風、地震、洪水、土砂災害などが起こりやすいです。ハザードマップの確認や避難場所・避難経路の調査が重要です。 また、日常生活が不便になることもあります。都市部から離れているため、買い物や通勤、通学、医療施設へのアクセスが難しくなることがあります。ネットショッピングやテレワーク、オンライン診療などを活用することが考えられます。 人気観光スポットは週末に大渋滞が発生することもデメリットです。行楽シーズンや祭のシーズンには特に顕著で、移動に苦労することがあります。渋滞を避けるために、週末の移動を控えるか時間帯をずらして用事を済ませるとよいでしょう。 結論として、美しい景色に囲まれた生活は魅力的ですが、生活環境やデメリットも考慮することが大切です。自分にとって最適な移住先を見つけるためには、それぞれの地域の特性を理解し、自分の生活スタイルに合わせた選択をすることが重要です。

Continue Reading

おしゃれな部屋作りを目指す方々にとって、押入れの存在は時に難題となることもあります。しかし、古臭く感じる押入れをおしゃれなクローゼットにリフォームすることで、部屋の雰囲気を一新し、実用性も高めることができます。 押入れリフォームには、大きく分けて3つのタイプがあります。まず、通常のクローゼットタイプです。これは衣服をハンガーにかけるためのパイプがついており、下部には小物などを収納できる棚が設置できます。次に、簡易クローゼットタイプはDIYしやすく、押入れの中棚を外してハンガーパイプを設置するだけで完成します。最後に、ウォークインクローゼットタイプは広さを持ち、人が入ることができる大きな収納スペースですが、リフォームにはプロの手を借りる必要があることもあります。 次に、リフォームの際に考えたいクローゼットの扉の種類を見ていきましょう。折れ戸、引戸、開き戸という3つの選択肢があります。折れ戸は複数の扉が重なるように開き、開口部を広く取れますが、手前にスペースが必要です。引戸はスペースを取らないスライド式で、押入れの扉と同じ仕組みを利用できます。開き戸は通常の左右に開く扉で、小さなクローゼットに適しています。 また、押入れリフォームの工事期間と費用についても考える必要があります。通常のクローゼットリフォームは4~8日、簡易クローゼットは半日~1日、ウォークインクローゼットは2~4週間が目安です。費用は扉の種類やリフォームの規模によって異なりますが、一般的なクローゼットは約20万円、簡易クローゼットは5~10万円、ウォークインクローゼットは20~50万円が相場です。 押入れをクローゼットにリフォームすることで、おしゃれで使いやすい収納スペースを手に入れることができます。自分のライフスタイルに合わせたリフォームを行い、理想の部屋作りを楽しんでみてください。

Continue Reading

四国への移住を検討している方にとって、この地域は多くの魅力を備えています。四国は晴れの日が多く、温暖な気候で知られており、瀬戸内海沿岸の海は穏やかで美しいです。さまざまな島々が点在し、のんびりとした移住生活を送ることができます。海・山・川・島という豊かな自然環境と、多彩な食文化が四国を特別な移住先にしています。 四国への移住を考える際、最初に押さえておきたいのは、その温暖な気候です。四国4県(徳島県・香川県・愛媛県・高知県)は年間平均気温が全国平均を上回っており、穏やかな日々を過ごすことができます。特に瀬戸内海側は過ごしやすいとされ、移住先として人気があります。香川県では、地中海に似た気候特性を活かして国産オリーブの栽培が盛んです。一方で、四国中央部の四国山地は標高が高く、冬はスキー場が開くなど、地域によって異なる自然を楽しむことができます。 四国の食文化も非常に魅力的です。四国は、海に囲まれた地域特有の新鮮な海の幸と、山間部で栽培される農産物が豊富です。徳島県の「鳴門鯛」や「すだち」、香川県の讃岐うどん、愛媛県のみかん、高知県のカツオのタタキなど、各県には特有の食文化があります。これらの食材を使った地元の料理は、移住生活の楽しみの一つとなるでしょう。 また、四国は人口密度が低く、のどかな暮らしが送れます。都市部に住むことができる一方で、自然豊かな田舎で穏やかな生活を楽しむことも可能です。東京や大阪のような大都市の利便性はありませんが、日常生活に必要な利便性は十分に備わっています。 しかし、移住を検討する際にはデメリットも理解しておく必要があります。四国では、都市部と比べて就業先の選択肢が限られることが挙げられます。また、地域コミュニティへの関わり方が都会とは異なり、積極的な参加を求められることがあります。そして、本州への移動には、海を渡る必要があり、交通費が高くなることがあります。 四国への移住は、温暖な気候、豊かな自然、魅力的な食文化を楽しむ絶好の機会です。メリットとデメリットを理解した上で、新しい生活を計画し、四国の魅力を存分に体験してください。

Continue Reading

多くの人が都市部から地方への移住を考えていますが、その際に理解しておきたいのが「移住」と「定住」の違いです。移住とは、新しい場所へ移り住むことを意味しますが、これは必ずしも永続的なものではありません。一方、定住とは、ある場所に永続的に住居を構えることを指します。この違いを理解することは、新しい生活を計画する際に非常に重要です。 近年、ニュースや新聞で「移住定住」という言葉を目にすることが増えました。これは、移り住んだ場所で永続的に暮らすことを意味しており、東京一極集中と地方の人口減少を改善するための国の取り組みの一環です。政府や地方自治体は、都市部から地方への移住を促し、その土地での定住を目指しています。移住定住への関心が高まっている背景には、充実した支援制度、テレワークの普及、地方に移転・拡充する企業の増加などがあります。 地方創生は、東京圏への一極集中の緩和と地方の人口減少の抑制を目的とした政策です。地域経済の活性化や日本全体の活力向上を目指しています。国や自治体では、さまざまな移住促進政策を打ち出しており、移住定住を検討する人々にとっては、これらの政策が大きな手助けになります。 移住を支援するための「地域おこし協力隊」は、地方自治体が主催する制度の一つです。この制度では、地方での生活について学びながら、地域の活性化に貢献することができます。また、「地方創生インターンシップ事業」は、学生が地方企業での就業体験を通じて地方での生活を体験できるプログラムです。 各自治体の支援政策を活用することで、地方での新しい生活を計画することが可能です。移住定住を検討している人は、これらの情報を参考にして、自分に合った生活スタイルを見つけてください。

Continue Reading

田舎暮らしを夢見る方にとって、空き家移住は理想的な選択肢の一つです。この記事では、空き家移住のメリットとデメリットを探り、あなたが田舎での新しい生活を始めるためのヒントを提供します。 空き家移住の最大のメリットは、賃料や購入費が通常よりも格段に安いことです。過疎化や少子化によって増加する空き家を有効活用するため、多くの自治体が空き家バンク制度を利用しています。これにより、家賃が非常に低く設定されている物件や、購入時の手数料が免除されることもあります。持ち家の場合、家賃の心配がなく、固定資産税だけが定期的な費用となります。 さらに、空き家の活用に力を入れている自治体では、補助金や助成金を用意している場合も多く、これらを活用することで、入居にかかわる初期費用を抑えることができます。 家や居住空間が広いのも空き家の利点です。土地の広い田舎では、一軒あたりの敷地面積が大きく、庭や駐車場を含めた広い居住スペースが手に入ります。しかも、広さの割に都会では考えられない破格の家賃・購入費で住めることも、地方ならではの魅力です。 しかし、空き家移住にはデメリットもあります。間取りや設備が古いことが挙げられます。築50年以上の物件も多く、古い間取りや設備に不便を感じることもあります。ただし、リノベーションをすれば、これらの問題を解決し、自分好みの空間にカスタマイズすることができます。 また、老朽化した家屋の修繕には費用がかかることもあります。空き家は長年放置されていることが多く、住むためには家屋の修繕が必要になることがあります。 そして、広すぎる物件はランニングコストが高くなることもあります。広い間取りは魅力的ですが、広い屋内で冷暖房を一日中利用すると、光熱費がかさむことになります。 空き家移住は、田舎での新しい生活を始めるための魅力的な選択肢です。しかし、メリットだけでなくデメリットも理解し、準備を整えた上で移住を検討することが大切です。

Continue Reading

愛媛県大洲市は、「世界の持続可能な観光地」の「文化・伝統保全」部門で日本初となる世界1位に輝きました。そこには、歴史と現代が融合した独特の文化が息づいています。 この街の魅力は、まず歴史的な背景から始まります。大洲藩6万石の城下町として栄えたこの地は、古い町家や歴史的な建造物が現代まで維持されており、その姿が多くの人々を引き付けています。しかし、近年、人口減少や高齢化の影響でこれらの建築物の維持が難しくなり、空き家が目立ち始めていました。大洲市は、これを逆手にとり、これらの価値ある建造物を更地にせず、ホテルやカフェ、雑貨店などに改修する革新的な取り組みを行いました。これにより、街は再び活気を取り戻し、観光地としての地位を確立しました。 この街の自然も魅力の一つです。特に、肱川沿いで起こる「肱川あらし」は、その幻想的な光景で知られています。また、雲海を眺められる「雲海展望台」も、大洲市ならではの自然の美しさを体感できるスポットです。 子育て環境も大洲市の大きな魅力の一つです。18歳までの子どもの医療費無料制度や、紙おむつ購入支援など、手厚い子育て支援策が整っています。これらは、家族連れの方にとって移住を考える際の大きなプラスとなるでしょう。 しかし、移住を考える際にはデメリットも念頭に置く必要があります。過去の豪雨による被害、冬季の雪の影響、そして大学がないため進学の際に市外へ出る必要があることなどが挙げられます。これらの点を踏まえた上で、大洲市への移住を考えることが重要です。 これらのメリット、デメリットを踏まえ、新たな生活を始める場所として大洲市を検討してみてはいかがでしょうか。世界が認めたこの街は、まさに新しい生活のスタートにふさわしい場所です。

Continue Reading

新しい土地での生活は、多くの人にとって魅力的な選択ですが、移住先での仕事探しは簡単ではありません。移住先の仕事探しに失敗する理由と、成功するためのコツを紹介します。 移住先での仕事探しに失敗する理由は、地方では希望に合う求人が少ないことがあります。この問題を解決するためには、求人サイトや地元の求人情報を広くチェックすることが重要です。また、都市部のキャリアを地方で活かせないことが多く、新しいキャリアの構築を考える必要があります。地方の給料は首都圏に比べ低い場合がありますが、生活費も相対的に低いので、この点を考慮する必要があります。さらに、地方では公共交通が不便なことが多いので、車の運転が必須になることがあります。また、地方では娯楽施設が限られているため、ストレス発散の場が少ないこともあります。 成功するためのコツについては、地元の就職支援サービスを利用することが重要です。これにより、地域に特化した求人情報を得ることができます。次に、地方創生移住支援事業など、移住支援金を提供するプログラムを利用することも有効です。車が必要な場合は、事前に運転の練習をしておくことも大切です。また、地元の居酒屋やカフェでの交流や趣味を通じてストレスを発散することも、新しい環境に適応する上で重要です。さらに、リモートワークが可能な場合は、それを活用し、地方でも都会並みの収入を維持することも一つの方法です。 地方での新しい生活をスタートさせる際、これらのポイントを押さえておけば、移住先での仕事探しをスムーズに進めることができるでしょう。新しい土地での生活は、新たなチャレンジと機会に満ちています。計画的に進めていけば、地方移住はきっと成功するはずです。

Continue Reading

近年、多忙な日々に追われる中で、スローライフへの憧れを抱く人々が増えています。スローライフとは、1980年代のイタリアで始まった「スローフード運動」から派生した概念で、手軽なファストフードではなく、ゆっくりと食事を楽しむことを目的としています。これは、食事だけでなく、生活全般にわたってゆったりとした時間を過ごすことを意味しています。 スローライフは、田舎でのんびりと過ごすことというイメージがあるかもしれませんが、実際には都会でも十分に実現可能です。大切なのは、毎日をいかにして心豊かに過ごすかということです。 スローライフを実現するためには、以下のような点に注意を払うことが大切です。 まず、丁寧な暮らしを心がけることが重要です。例えば、自分で手間をかけて料理を作る、テレビを消して会話を楽しむ、ゆっくりとお風呂に浸かるなど、日常の小さな行動を丁寧に行うことが、スローライフの基本となります。 次に、現在の住まいがスローライフに適していない場合は、環境を変えることも一つの方法です。例えば、週末だけ田舎で過ごす二拠点生活や、自然豊かな場所への移住も選択肢の一つです。 また、働き方の見直しも重要です。リモートワークを利用して通勤時間を削減する、またはストレスの多い仕事から一歩引いて、プライベートの時間を大切にすることもスローライフ実現の鍵となります。 プライベートの充実もスローライフには欠かせません。自分が楽しいと感じる趣味や活動を見つけ、それに時間を費やすことで、心の余裕を持つことができます。散歩をする、習い事を始める、友達とランチを楽しむなど、心地よい時間を過ごすことが大切です。 自然と触れ合うことは、スローライフの大きな魅力の一つです。自宅で観葉植物を育てる、公園を散歩するなど、身近な自然とのふれあいを通じて心を癒やすことができます。 スローライフは、忙しい日常から一歩踏み出し、自分のペースで生活を楽しむことです。小さな一歩から始めて、穏やかで充実した毎日を手に入れることができるでしょう。

Continue Reading